オメガ3脂肪酸を美容に活用しよう│ドレッシングでヘルシーに

手に乗ったトマト

ドレッシングで改善

あまりよく知られてはいないが・・・

オメガ3脂肪酸というものを、知っているだろうか。 「脂肪」と付くと良いイメージが無いが、実はそうでもない。 脂肪は動くためのエネルギーとなるし、体を形成するための原材料の1つにもなっている。 特に、脳は半分以上が脂質で出来ていることから、オメガ3脂肪酸と関わりがあるのではないかと、注目されてきた。 その結果、脂肪酸の中でもオメガ3脂肪酸が、視神経や脳の発達に良い影響をもたらすということが分かってきた。 率先して摂取したいオメガ3脂肪酸だが、取扱いに少し注意がいる。 熱に弱く、酸化しやすいのだ。 そのため焼く・煮るなどの熱を加える調理をするよりも、サラダのドレッシングに使用するなど、熱を加えない調理方法をとることをお勧めする。

こんなにも体に良いものが、私たちの側に

このオメガ3脂肪酸が、体に良いことや摂取方法については説明したが、一体どんな食品に含まれているのだろうか。 このオメガ3脂肪酸は、DHA・EPA・α‐リノレン酸の3種類に分けられる。 DHA・EPAと言えばピンと来る方もいるかもしれないが、鯖やイワシなどの青魚によく含まれている。 またα‐リノレン酸は、クルミ油やエゴマ油などに多く含まれている。 先程説明した通り、オメガ3脂肪酸は熱に弱いので、魚は刺身などの状態で摂取するのが望ましいだろう。 また、オメガ3脂肪酸については、植物油の中でも特に亜麻仁油をお勧めする。 植物油のなかでも、α‐リノレン酸を含む量が特に多いのである。 このα‐リノレン酸は脳に良い影響を与えるだけでなく、高血圧やアレルギーの改善にも良く、ダイエットにも効果があるというのだ。 体に良いことが目白押しであることが、お分かりいただけただろうか。 オメガ3脂肪酸を効率よくとって、長く健康生活を送りたいものである。